2010年05月31日

4月28日。作曲家の笠松泰洋さんと6月19日に上野の東京文化会館小ホール、6月27日に兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて公演する音楽×空間vol.2「四谷怪談」の打合せ。

yotsuya_oa

笠松さんがそれぞれのパートをシンセサイザーで録音し朗読も担当したCD、楽譜、そして台本をいただく。2時間近い作品。すごいバイタリティーです。作品全体を感じたいと思います。

今回もTaguchiとON-COO Projectの協力を得て、音響デザインの小林高治さんとマルチトラックによる音の空気感、気配をつくります。天井が高く素晴らしい音響空間の東京文化会館での音つくりほんとうに楽しみです。また兵庫は劇場なので音響プラニングも音つくりも異なります。劇場入りしてからが勝負になります。いまからとても楽しみです。ぜひ体感しに来てください。

打合せの途中で、登山についてもお話ししました。最近、私は妹の影響で山登りに目覚めました。この春だけで那須岳(栃木県)、剣山(徳島県)、大菩薩嶺(山梨県)に登りました。笠松さんも学生時代には本格的な登山をされていて、山で静かに感じる音や空気感など話しは盛り上がりました。音つくりに深く繋がってるんだな…と感じた。今後、ゆっくり山でのフィールドレコーディングの旅をUPしていきたいと思います。




go tanedaprojectsuara at 23:57│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字