2010年06月18日

17日。東京文化会館のリハーサル室にて音楽×空間vol.2『四谷怪談』のリハーサル。朗読の篠井英介さんと踊りの加賀谷香さんも参加。他に台本の岩切正一郎さん、音響デザイナーの小林高治さん、照明の倉本泰史さんも参加。

本番は全体の音と会場の空気感を感じるために2階の客席のセンター手前で奏でる予定ですが、背中で語る笠松さんを感じることになります。

IMG_7072

篠井さん声のエネルギー感は圧巻でした。2時間近い朗読にも関わらず静かなエネルギーは増すばかりでした。素晴らしいです。加賀谷さんは通常の舞台とは空間も異なるので難しくなると思いますが、東京文化会館小ホールは天井も高いので本番面白くなると思います。

私はまだまだ全体を感じ調整中です。音楽、朗読、踊り、そして音と要素たっぷりですので、私の音でいかに“間”をつくりだせるかです。本番ギリギリまで探っていきます。攻めないとね。




go tanedaprojectsuara at 14:47│コメント(1)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 操   2010年06月18日 19:20
お久しぶりです。
覚えてもらえているかわかりませんが、郷さんのご活躍を知り、驚いたと同時に、懐かしくなりコメント残していきます。
日々忙しく充実した毎日お過ごしのようですね。
お体に気をつけて頑張ってください。
影ながら応援しています☆ 操

コメントする

名前
 
  絵文字