2010年06月21日

19日。無事、東京文化会館小ホールにて公演しました笠松泰洋 音楽×空間vol.2『四谷怪談』終わりました。たくさんのご来場ありがとうございました。

朝から会場入り。すでに音響システムは音響デザイナーの小林さんと福岡功訓さんがセッティングを終えてくれていたが、ピアノの調律が押していてサウンドチェックはできていない。時間とにらめっこしながらサウンドチェックをはじめる。今回は響きのいいコンサートホールなので、システムはとてもシンプルになりました。

IMG_7115

メインスピーカーはユニットの小さいフラット(平面波)が9発のもの。アンサンブルにも負けないスピードとエネルギー感をリアルに実現する。

IMG_7104

ウーファーは磁場を生み出すような低域を奏でるため、最近、多用していた平面波のユニットではなく、口径の大きな38cmのユニットが2発あるものを左右2台になりました。

IMG_7108

客席の左右後ろには6面体のキューブスピーカーを使用。1面に4つのユニットがデザインされています。空気を奏でます。

IMG_7116

IMG_7117

篠井さんの朗読は会場の残響によって少し明瞭さに欠けていたので、ゲネの2幕目から当初、小林さんが構想していた無指向性のユニットが9発あるものに変更。とても良くなった。みなホッとする。

IMG_7105

IMG_7107

卓は大好きなMIDAS。

IMG_7112

サウンドチェックの時間が少なくてなかなか厳しかったのですが、ゲネで音を調整していく。低域は会場用に~35Hzと~63Hzで構成したが、作品のなかでは埋もれてしまい。表現できず。ゲネの途中から~127Hzを追加して豊かな表現ができるようになりました。倉本さんの照明も感じながら奏でる。台本の岩切さんの厳しい目が心強い。

IMG_7080

しかし、アンサンブルと重なってしまうとのことで中域の音を極力抑えていたが、やはり電子音響音楽として成り立たず、さとうじゅんこのアドバイスもあって、ゲネ終了後に中域の音をどんどん構成していく。正直危なかった。さとうじゅんこに感謝します。高域は耳鳴りのように奏で、フィールドレコーディングの音は録音した時の空気感や気配を感じてリアルに奏でる。

舞台上で演奏しているとなかなか自身の音を感じられないとのこと。朗読もあるのでどうしても笠松さんをはじめ、みな抑えようとするのでなかなかグルーヴが生まれない。ピアノの阿部さんが客席からの意見を求めてきた。フルートの木ノ脇さんやチェロの安田さんの音色は楽器の特性もあり立っていたので、私もさとうじゅんこも強いところはもっと激しくいってもいいと思うと話したところ、顔も吹っ切れ演奏が見違えるように素晴らしくなり、力強いエネルギー感とともに繊細なタッチが手に取るように伝わった。やはり心で奏でるものなんだな・・・と感じる。

IMG_7099

あっという間に本番。手探りのところもありましたがバイブレーションを生み出すためにどんどん攻める。少しアンサンブルや朗読よりもエネルギー感が強くなったところもありましたが、加賀谷さんの踊りも感じて奏でることができた。小林さんも客観的な意見を言ってくれる。次の公演に備えたい。この会には振付家の香瑠鼓さんや、私のCDを取扱っていただいてる山崎さんなどが聴きに来てくれました。

2回目の公演。アンサンブルも朗読も踊りも、そして電子音響音楽も、みながそれぞれの音を感じて作品がある域まで達したと感じた。笠松さんも興奮気味。私もより丁寧にそして大胆に攻めることができとても楽しめました。

加賀谷さんは通常のダンス公演とは異なる時間軸で大変でしたでしょうが、見事においわさんを演じました。私の音と何度も繋がったと感じました。また、ゲ ネ、2回の本番を一点の乱れもなく朗読した篠井さん。前日、前々日の通しも含めると…ほとんどもう信じられません。あらためて俳優さんの凄みを感じさせられました。ご一緒できてとても幸せです。

木ノ脇さんのフルートが大好きです。確かな技術のなかに一本の強いスジ、彼の大きくあたたかい人柄を感じます。安田さんのチェロの音色はとにかく心に響きます。涙腺が緩むのです。そして笠松さん。笠松さんのバイタリティー。学ぶべきことがたくさんあります。もっともっとお話しして勉強させていただきたいと思います。このような機会を与えていただき笠松さんをはじめ、みなさんに心から感謝いたします。

2回目の公演には、デザイナーの三浦さんやトランペット奏者の川村さん、能楽師の津村さん、写真家の森田さんなどが聴きに来てくれていろいろ感想を聞かせていただきました。信頼できる方々のお話しはとても嬉しいです。ありがとうございました。

公演後に楽屋で記念写真。左から笠松さん、私、木ノ脇さん、阿部さん、そして篠井さん。みないい笑顔です。

IMG_7119

27日(日)の兵庫公演はキャパが800もある大きな劇場です。音響システムも変わるのでまだまだ未知数ですが、みなさんに感動していただける公演になるよう、さらに高めていきたいと思います。楽しみにしていてください。

関西にお住まいの方はぜひ体感しに来て下さい。




go tanedaprojectsuara at 21:14│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字