2011年02月17日

6日。三菱一号館美術館に「カンディンスキーと青騎士展」を観に行く。有楽町から徒歩数分で素敵な建造物が現れる。

IMG_0764

赤煉瓦。

IMG_0766

音を奏でたくなる。中庭。

IMG_0765

IMG_0768

昔、好きだったカンディンスキー。これだけ多くの作品を観るのはほんとうに久しぶりです。

IMG_0767

印象に残った作品。「コッヘル − まっすぐな道」。リズムと響き。

massugu

「山」。いま山に夢中だから…。エネルギー感に圧倒される。

yama

いま特に好きなパウル・クレーの作品も展示されていました。「サボテン」。クレーがチュニジアに行く前の作品。私の知らないクレーの内面。

そして「印象Ⅲ(コンサート)」。今回のポスターにも使用されていました。昔、観た時とまったく異なる空気感を感じる。私も少しは成長したのかな…いや、まだまだ。

kandinsukii

ミュンターの存在がなければ描けなかったであろうカンディンスキー。とてもいい刺激を受けました。音をつくろう。

チケットを贈ってくれた父と母に感謝します。

 



go tanedaprojectsuara at 23:23│コメント(1)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kaya   2011年02月26日 11:21
5 いいですね!
クレー、カンディンスキー…私の大好きな世界です。兄上も好きだったんですね。
私もこの空間、体感したかったなぁ。

コメントする

名前
 
  絵文字