2011年04月28日

13日。岸本さんと新木場にある音響家の田口和典さんの工房と、音響家の宮本宰さんのショールームにお伺いしました。

新木場は地震の爪痕が残り液状化がひどかったです。地震を身近に感じました。いつでもという心と身体の準備を怠ってはいけないと思いました。ビル自体も大きな被害を受けていましたが、田口さんも宮本さんも真に強い心の持ち主。お会いするだけでエネルギーをいただきました。

田口さんには開発された充電できるソーラーパネルがあります。いまこそという気持ちになります。そして、次々に新しいスピーカーが生まれています。わたしもTaguchiのスピーカーで独自のシステムを構築中ですが、また田口さんとご一緒に作品をつくりたいと強く感じました。今後がとても楽しみです。

宮本さんの「音の森」シンフォキャンパス(R)のショールームは別世界。
IMG_1156
この空気感とスピード感は他では体感できません。贅沢な時を味わいました。さとうじゅんこのマルチトラック作品も聴かせていただきましたが、いまやはりこの日本語が大切なのだと感じました。また、ふたりの新しい作品を聴きたいです。
IMG_1155
今日は作品をつくろうと感じさせていただきました。翌日、岸本さんからも同じようなメールが届きました。たたかう気持ちを忘れないでね。



go tanedaprojectsuara at 20:12│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字