2011年05月30日

25日。suaraスタジオで「木ノ脇道元作品演奏会」のリハーサル。

オープニング作品「Ascender」は木ノ脇さんとのデュオですが、わたしのCDのジャケットデザインや、project suaraの公演などで美術を担当していただいている、デザイナーの三浦秀彦さんにMAX/mspプログラミングで参加していただいています。この作品はliveでの演奏が難しいところがあったのですが、それを実現させてくれるアプリです。

「Ascender」。音も空気感も心も上昇していく作品。フルートの音色とsoundがバイブレーションを生みます。今日はアプリの問題(やっぱりコンピュータは生きものだ)もあり前半だけを繰り返し繰り返し演奏でしたが、木ノ脇さんの作品の意図を感じることができました。次回、27日のリハーサルまでにアプリの修正が必要です。また、作品を感じたいと思います。

三浦さん感謝いたします。





go tanedaprojectsuara at 23:55│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字