2011年10月13日

12日。新宿の新宿村スタジオで「Shakkyo」のリハーサル。津村禮次郎さん、森山開次さん、大脇幹裕さん、橋爪さん、岸本さん、三宅流さん、そして、写真家の森田拾史郎が参加。会場に入る前に、東京での最後のリハーサル。最後の通し。

「Shakkyo」は能の「石橋」が題材になっているのですが、佐渡で公演された薪能版「Shakkyo」とは異なるあたらしい作品になりました。わたしが山に立って感じた身体の静けさ…静かな力強さを感じる作品になりました。とても嬉しいです。

14日は会場入り。能BOXであらためて音つくり。そして、作品つくりです。ほんとうに楽しみです。



go tanedaprojectsuara at 23:57│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字