2012年01月25日

22日。新木場のDACビルにて開催された「音の森」新年会に、さとうじゅんこと参加させていただきました。

田口和典さんの挨拶。

004

005

2Fの田口造形音響の工房スペースで、わたしはさっそく一番手で演奏。オペラシティのリサイタルホールでご一緒した音響家の福岡功訓さんと音つくり。

028

2Fは田口造形音響の工房スペースで、シンプルにフラットユニット×16発と30cmのフラットユニットウーファーを2本ずつの2.2ch+2サウンドシステムで演奏。スピードを大切にリアリティのある音を奏でる。とても楽しかったが課題がたくさん見つかった。

007

他に円形状にREXスピーカーを中心に12.2chマルチサウンドシステムをプラニング。

008

REXスピーカー。

009

森山開次さんと津村禮次郎さんとの作品「Shakkyou」公演で、仙台の能BOXの天井にも使用した2重の塔。

010

オペラシティで木ノ脇道元さんとの作品「Ascender」で使用した五重の塔。

006
 
アンプはやはり仙台の能BOXで使用した、まったく音がしないソーラーパネルのバッテリーアンプ。ほんとうに素晴らしいアンプです。

演奏後は7Fへ。音響家の宮本宰さんの「音の森」シンフォキャンパス(64chマルチトラック)システムを堪能する。

013

BankART1929Yokohamaで公演した作品「森のサカナ」で、シンフォキャンパスで演奏させていただきました。

014

世界に誇る日本の音響家である宮本宰さん。

016

貴重な音源を体感させていただき気持ちよくなったところで、宮本さんとさとうじゅんこのヴォイス作品を聴く。やはり歌は圧倒的な力がある。ふたりの新作が楽しみです。

024
 
みな宮本さんのつくりだす「音の森」にウットリしている。みなほんとうに心から音楽が好きなんだな~と感じて嬉しくなる。とてもいい絵です。 これは体感しないとわからない。

021

この日の主役である田口和典さんと宮本宰さん。ご一緒に世界に向けて発信できる作品をつくり発表していきたいと思います。




go tanedaprojectsuara at 00:15│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字