2012年02月07日

3日。群馬県嬬恋村と長野県小諸市にある浅間山の第一外輪山の最高峰である「黒斑山」の雪山に挑戦しました。標高は2404mです。2日に行く予定でしたが、大雪が降りあきらめていましたが、3日の天気予報が突然、終日晴れマークになり行くことにしました。

新幹線で佐久平駅で降りバスで約1時間。9時40分に登山口である高峰高原ホテルのバス停に着く。バス停はすっかり雪に埋もれている。

103

前回、北八ヶ岳では6本爪のアイゼンを使用しましたが、今回、はじめて12本爪のストラップ式のアイゼンを装着する。自宅で練習していましたが少し時間がかかる。

012

出発です。とてもいい天気。アイゼンを効かせてどんどん攻める。雪山だというのに汗が流れる。気持ちいい。

013

四阿山、根子岳方面。青空。

018

019

022

黒斑山です。

026

美しい。

029

これから登るトーミの頭と浅間山が見えてきた。

030

トーミの頭です。遠くまで見えるのでトーミだそうです。

031

急斜面のトーミの頭ですが、アイゼンで楽々です。浅間山が大きく見えてきた。

032

トーミの頭を超えると木がモコモコです。

035

040

トーミの頭からわりとすぐに黒斑山頂上に着きました。そして、やさしい老夫婦に写真を撮っていただきました。ありがとうございます。

050

053

065

黒斑山 山頂から望む浅間山です。

072

このしましま、このエネルギーに満ちた山を感じたかった。

079

老夫婦が山頂を後にして30分ほどひとりで静けさを感じる。浅間山の噴火口の音まで感じられた。大地のエネルギーを体感する。

070

名残惜しいが山頂を後にする。

056

木のモンスターが見守ってくれている。

081

トーミの頭を下る。

083

下りは雪の深い中コースを選ぶ。

088

雪がどんどん深くなり脚が沈むので、アイゼンからワカンに変える。ワカンも自宅で装着の練習をしていたが、雪の上ではやはり時間がかかる。しかし、楽しい。

084

ここではじめて鳥の鳴き声を聞く。静けさが包み込んでいた。

090

時間が読めずスピードを上げてあっという間に下山できた。予定より1時間近く早い到着となった。時間が読めなくて反省です。下山し上を見上げると月が見守ってくれていた。

095

今日は平日というのもあって、わたし以外には二組(四人)にしか会いませんでした。三人がスノーシューを使用していたのでトレースはしっかりありました。感謝です。一人は6本爪アイゼンでした。今回は12本爪のアイゼンが大活躍でした。ワカンはまだ歩き方もわからず、その効果があまり実感できませんでしたが、トレースのないところでは実力を発揮しそうです。アドバイスしてくれた妹に感謝です。

とても静かな山で幸せでした。晴天に恵まれ(ありがとう)身体の静けさと大地のエネルギーを感じた雪山登山になりました。これを自身の音つくりに生かしていきたいと思います。





go tanedaprojectsuara at 21:13│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字