2012年02月28日

19日。朝5時半。氷点下21℃の世界で目が覚める。今年、2番目の寒さだそうです。ワヤンのグヌンガン(生命樹)ように凍った窓。

166

さっそく朝焼けを観に外へ。山泊でしか触れることができない。これをずっと体感したかった。

142

月も見守っている。

147

朝焼けに照らされている麦草ヒュッテ。

145

窓には金平糖のような氷の模様。

160

窓からは朝日に染まる茶臼山も見える。

159

氷柱の影。

169

山小屋の朝食。お米が美味しく山盛りおかわりをしました。今日の登山のエネルギーになります。

151

山小屋に熱湯をいただきました。妹ーわたしー河原さんのポットです。

163

部屋に戻って食後の珈琲と、母が妹に持たせてくれたみかんをいただく。

170

171

のんびり過ごし山小屋を満喫しました。とても素敵な山小屋泊になりました。ありがとうございました。
しっかり準備し出発です。

mugi

今日は気温が低いので、この12本爪のアイゼンが大活躍します。

178

妹と河原さん。

174

2日目も晴れです!昨日、登った茶臼山。

182

先日、黒斑山 山頂から望んだ浅間山です。

185

これから挑む森です。

176

太陽に見守られて出発。

187

木々が静けさを生む。

193
雪が深くなる。

199

丸山を目指します。頼もしい河原さんの背中。

211

登りが続きます。後ろから妹が見守ってくれている。

203

204

195

丸山 山頂に着きました。2,329m。

219

218

ほんとうにいいお天気でポカポカあたたかいぐらいです。

240

登山はエネルギーを消費します。ここで行動食をいただく。

225

244

山頂を後にし、高見石小屋を目指す。

246

253

202

あっという間に小屋の陰が…幹まで真っ白です。

255

高見石小屋です。

256

ここでふたりとはお別れです。わたしはサイの河原から渋の湯へ。ふたりは中山~中山峠~黒百合ヒュッテ~天狗丘に挑戦です。

259

妹と河原さんの後ろ姿を見送る。とっても名残惜しいです。また来年…きっと。

257

渋の湯発のバスまで時間がたっぷりあるので、ほんとうにゆっくり雪山を満喫します。

261

265

森を抜けるとポーンと視界が広がる。

309

272

270

308

サイの河原に到着です。

273

歩いて来た森です。

278

遠方には…

276

南アルプスの山々が…。

281

あまりにも絶景で30分近くボーと眺めていました。

295

302

300

306

じっくり時間をかけて雪山を感じる。

314

315

317

とても静かな山。身体の静けさも感じられる。

319

322

もこもこふわふわ。

327

あまりにもいいお天気でストックを置きグローブを外す。

331

ザックも降ろす。今回は残念ながらワカンの登場はありませんでした。

332

山小屋でいただいた熱湯でお味噌汁をつくる。雪のなかでとても美味くいただきました。

335

すっかりのんびりし渋の湯に向かいます。動物の足跡も雪で輝く。

339

アイゼンで雪を踏みしめて歩くのはほんとうに楽しい。

343

344

途中、ビデオなども撮りながらゆっくりゆっくり歩むも終着点が見えて来た…何だか寂しい。

356

んっ?耳を澄ますと川のせせらぎが聴こえてくる。無音の雪山ではじめて聴く水が流れる音。

359

川です。しかも硫黄の匂いがする。温泉です。あぁ渋の湯に着いてしまう。

360

最後にもう一度、下ってきた山を振り返る。

361

お天気に恵まれました。山に感謝です。

362

無事、下山しました。妹からも無事、天狗岳 山頂に立ったとメールが届いた。嬉しい。

363

帰りのバスまで時間があるので、渋御殿湯で温泉を楽しむ。熱いお湯だったので、半身欲でゆったりつかる。最高に気持ちよかったです。

364

渋の湯から1時間。茅野駅に着く。帰りの電車まで少し時間があったのでお蕎麦をいただく。身体があたたまった。

365

はじめての雪山縦走が実現しました。山と妹と河原さんに感謝します。身体を包み込んだ静けさを音にしたいと思います。音つくりが楽しみです。ふたりが無事、下山しますように…今晩はいい夢が見られそうだ。



go tanedaprojectsuara at 10:35│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字