2012年06月15日

13日(水)19:30。渋谷のUPLINK ROOMにて、歌い手のさとうじゅんこによる、『クラヤミノ大合唱』二回目のワークショップが開催されました。

さとうじゅんこのメッセージ

一回目(5/11)のワークショップに参加した際の感想です。

クラヤミ

『クラヤミノ大合唱』Throat of Japan(日本の喉) 2012前期 by クラヤミノtones

◎日時:2012年
5/11(金),6/13(水),7/5(木) 19:30-21:30 (開場:19:00)
◎於:UPLINK ROOM (渋谷)
◎料金:当日3,000円/ 単発予約2,800円/ 3回券8,000円(1ドリンク付)
◎ナビゲーター:さとうじゅんこ
クラヤミノtones:徳久ウィリアム、たむらひろし、渡辺タケシ
◎お問合せ:03-6825-5502(Uplink)、factory@uplink.co.jp

■お題「秋田 ドンパン節」
・副テーマ:第2回「リズム」 
・参加者全員で、さとうじゅんこの出身地である秋田民謡を掛け声などでジャワ風にアレンジして歌ったり、お祭り気分で自由に声を出しましょう!
・楽に声が出すためのウォームアップからまず行うので、安心して誰でも参加出来ます。
・真っ暗闇なので、誰の目も気にせず思い切り声を出せます。

■さとうじゅんこ
秋田市生まれ。歌い手。作曲家。project suara主宰・ディレクター。東京藝術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻修了。フランスアクスマティック音楽の作曲と演奏に触れ、独自の時空間芸術の実践に取り組む。一方で、日本人としては数少ないジャワガムランのプシンデン(女声歌手)として演奏活動を行う。TAIKUHJIKANG、うたをさがしてトリオ、でいらほん、Alayavijanaなどに参加。
ガムラングループsuara代表。

スタップも含めて30名。いったい何人で歌っているのというぐらいのエネルギー感で、暗闇の会場が揺れていました。ワークショップでここまで盛り上がるのもめずらしいのではないでしょうか。わたしもとっても気持ちよかったです。



go tanedaprojectsuara at 23:55│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字