2012年06月17日

13日。さとうじゅんこのワークショップの前に、早朝から秩父の棒ノ嶺(976m)を登ってきました。雪山で足首を痛めてから約2ヶ月ぶりの登山です。飯能駅からバスで1時間。いきなり緑が迎えてくれました。

031

030

熊…

034

猿が群れで移動中です

035

山から蟲が立ちのぼる

039

040

041

登山口にある山の水

042

043

山口に近い渓流にカジカガエルが生息しているとあった。朝だったのであの美しい声が聴けなかったのですが、あれからどうしても河鹿の語りが聴きたくなりました。また近いうちに来て、下山後、夕方になるまで温泉でのんびりして聴きに行こう。この季節、雨の山も楽しいです。

044

045

力強い根っこ

049

緑が浮き上がる

050

053

滝が仲良く並んでいる

059

060

大雨のあとの傷跡

064

沢登り

066

068

069

ゴルジュ

071

073

074

077

078

苔がほんとうに美しい

084

089

090

091

092

093

鎖場

096

097

098

沢登り。とても涼しいです。

099

ロープ

101

102

はい

104

105

108

巨大なミミズ…すごいスピードで下りてきました。

110

111

117

118

新緑と天然ミストに包まれ沢登りを満喫

119

125

滝ノ平尾根。尾根をはさんで左が落葉樹(ブナやナラ)、右が針葉樹(スギやヒノキ)とくっきり分かれていて、そのコントラストを楽しめました。写真は針葉樹側。木々の間から鳥の掛け合いが聴けしばし静かな空気感を肌で感じる。

iPhoneのボイスメモで録音
http://suara.jp/audio_date/takinodairaone_20120613.mp3

最近は山で録音をしていませんが、クオリティは関係なく録音する行為は「耳をすまして音を聴く」ことになる。

128

巨大な岩茸石。どこから来たの?

129

133

136

140

141

142

霧に吸い込まれます

143

145

写真

山頂に着きました

147

150

霧に包まれ展望は望めませんがとてもとても静かです

152

食後はトマトスープとオレンジにマンゴーのドライフルーツです

165

下山です

171

178

183

191

192

194

197

200

きのこ

202

205

そして最後は温泉です。しかし、久しぶりの登山で下山時から膝が…足首の影響もあってバランスが悪いようです。沢登りは涼しいので、
梅雨の時期に何度か来て身体を整えようと思います。

やはり山は静かでした。





go tanedaprojectsuara at 23:55│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字