2013年04月09日

1月18日。群馬県の赤城山(黒檜山1,827m)に登頂し無事下山しました。先日の大雪で近場の低山でもたっぷりの雪山を満喫できると思い行きました。前橋駅からバスで1時間半。舗道を30分歩き登山口へ。すでに氷点下10℃。バスに乗っている時は少し吹雪いていましたが、準備をしている間に雲が流れ青空が顔を出す。大沼は分厚い凍り雪が積もり、小さなテントを張ってワカサギ釣りを楽しんでいる方がいた。赤城神社で無事下山できるようお願いする。

013

分厚い氷と深い雪に包まれた大沼。雲が上昇する。

登山口から薄っすらとトレースが残っているが、所々でよじ登るラッセルがあり楽しむ。今回はトレーニングも兼ねていたので、ストックもピッケルもワカンも使わず、アイゼンのみでアタックしました。

035

黒檜山から大沼をはさんで地蔵岳をのぞむ

052

霜氷と大沼と鈴ヶ岳

079

むぎゅ

19326_466823710047863_712805113_n

 途中から風が強くなり雲が生まれる。山の神々しい姿を静かに感じる。

樹々が樹氷というよりは霜氷(空気中の水蒸気や過冷却の水滴が吹きつけられて昇華または凍結してできる氷)で、山全体のディテールがあまりにも美しかったです。

096

細かい枝まで真っ白な霜氷

047

うっとりです

102

急斜面で深い雪。よじ登る楽しいラッセル。

129

華のような樹氷

127

頂上付近の尾根は吹雪

144

山頂

165
 
下山。モノクロの世界に赤い屋根の赤城神社。

181

やさしい陽が沈む

185

赤城神社へ。橋と水面が同じ高さ。

193

赤い除雪機

206

吹雪の大沼

今回も風を感じ静かな山行で身体の静けさを体感できました。帰りの舗道は吹雪になり大沼もほとんど見えなくホワイトアウト状態。バスの時間までビジターセンターで暖をとらせていただきホッとする。ありがとうございました。一日でいろんな山の顔に触れ、登山は下山してはじめて登山なんだな…とあらためて思いました。

 

go tanedaprojectsuara at 00:05│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字