2013年04月18日

3月19日。すっかり春になりましたが、雪を求めて8つの主な峰からなる群馬県の武尊山(ほたかやま/2,158m)を歩いてきました。山名の由来は日本武尊命(ヤマトタケルノミコト)の東征の故事によるものとされています。アクセスが悪く行けなかった山でしたが、朝発日帰りスキーバスツアーを使って、電車とタクシーの5分の1の交通費で行くことができました。バスの中で登山者はわたしひとりだけでしたが…。

スタートは天気予報通り晴天でしたが、すぐに雲行きがあやしくなり雲に包まれ、あっという間に強風が舞いホワイトアウトの山行になる。細い稜線が続き一歩一歩確実に進みほどなく山頂に着く。途中、3人の方とすれ違う。iPhoneのDIY GPSが大活躍。事前に山の地図を取り込んでおくと、圏外でもGPSが機能する優れものです。登山道がわからなくなった時に役に立ちました。今後も活用します。

IMG_5639

スタートは晴天。

IMG_5640

剣ヶ峰山。雲行きがあやしくなる。

IMG_5641

歩いてきた稜線を振りかえる。

IMG_5642

ホワイトアウト。ほとんど前は見えない。

IMG_5643

山頂。展望はなしだが風が気持ちいい。

下山途中に突然パーンと雲が流れ青空になる。これが山の天気だなと実感する。山頂を振り返り、あぁこんなところを登っていたんだな〜と感慨にひたる。

IMG_5644

IMG_5654

歩いて来た道、たおやかな尾根、武尊山の主峰 沖武尊のスカイラインがとても美しかった。

IMG_5663

山頂の沖武尊に向かう前にあるピークの剣ヶ峰山。行きは姿が見えず細い急斜面だと思い慎重に歩きましたが、帰りにこうやって見るとなかなか鋭いではありませんか…左に巻いてトラバース(山の斜面を横断する)しようと思いましたが、案の定、雪崩の跡が…ふと見上げるど先ほどすれ違った方が手前のピークを登り切ったところでした。わたしも正直に登る。 

IMG_5648

これをどうやったら登れるのかな?

IMG_5646

いまにも崩れそうです。

IMG_5650

雪崩れた跡。

IMG_5649

IMG_5652

遠くに浅間山が浮かびあがる。

IMG_5651

剣ヶ峰山を下り振りかえる。すっかり晴れました。

IMG_5653

登山口の登り。ここもいまにも雪崩れそうです。雪山もにおいや雪質は春の気配がしました。

1日で晴天とホワイトアウトの山歩きを体感できました。天候が崩れるとスイッチが入ったように、ただ歩くことだけに集中し身体の静けさを感じる。もちろん青空のなかの雪山は最高ですが、風を感じる雪山はわたしにとっては特別です。とてもいい山行でした。山の音に感謝します。 

今シーズンの雪山ほこれが最後。しばらく山はおやすみです。山での体感をいかし音つくりに集中します。




go tanedaprojectsuara at 15:55│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字