2013年12月18日

12月18日。この冬も雪で縞模様の浅間山に触れたくて、群馬県嬬恋村と長野県小諸市にある浅間山の第一外輪山の最高峰である黒斑山(2,404m)を歩いて来ました。

登山口から雪が舞う。山頂近くのトーミーの頭から風が強くなり雪も激しくなってきました。山頂から目の前にどーんと迫る浅間山はホワイトアウトでまったく見えず。なんとか少しでもその姿を拝みたいと先の蛇骨岳〜仙人岳へと進む。山頂からはラッセルと凍りついた岩の繰り返しで雪山らしい楽しい厳しさ。その先の鋸岳には進まず仙人岳で姿が見えるまで待つこと20分…「ボッフュン」という噴火口の音を感じた瞬間に浅間山が浮かびあがりました。うん。この空気感です。待っていてよかった。お天気の影響か登りも下りも誰にも会わずひとり旅で静かな静かな山行でした。また、お天気のいい日に遊びに行きたいと思います。

20

002

003

トーミーの頭にあるはずの浅間山の姿は雲のなか。

004

かまぼこ。

005

黒斑山。

006

トーミーの頭。

007

トーミーの頭からのぞむ黒斑山山頂。

008

009

目の前にあるはずの浅間山がない…。

010

小さなモンスター。

011

黒斑山の先の蛇骨岳~仙人岳~鋸岳が微かに見える。

012

マシュマロ。

013

014

黒斑山を振り返る。

015

膝までのラッセル。

016

017

やさしい太陽のあかり。

018

ここで浅間山が顔を出すまで20分待つ。

019

仙人岳からのぞむ黒斑山。

031

あっ…。

025

縞模様。

028

三角点にタッチ。

029

中コースは雪がたっぷり。

030

無事に下山できました。

032





go tanedaprojectsuara at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字