2014年03月05日

3月4-5日。大好きな長野県の北八ヶ岳を歩いてきました。お天気は4日は晴れで夕方から曇り、5日は雪と風の予報。初日。小屋まで晴天のなか樹林帯を気持ちよく歩く。宿泊する黒百合ヒュッテに荷物を置いて、サブザックで東(2,640m)-西(2,646m)天狗岳にアタックし登頂。

写真は中山峠の先からのぞむ雲に包まれる前の天狗岳。この静かなたたずまいが好きです。この山に触れると初心にかえります。
1904121_667692909960941_951549649_n

人のような大きな木に出会う。
1525361_669034829826749_1787764992_n

渋の湯から黒百合ヒュッテへ。スタートから雪たっぷり。水分補給。
10269489_691025987627633_4290046579225287126_n

晴天のなか樹林帯を渋の湯から黒百合ヒュッテへ。
10003971_669035929826639_681799179_n

晴天のなか気持ちよく樹林帯を歩く。
998498_691025937627638_8257775664249194110_n

樹林帯を抜けて青空がパーンと広がる。
10308250_691026030960962_8971838617407169699_n

青と白。輝く黒百合ヒュッテ。
10015067_669035879826644_40337817_n

雲が東天狗岳におりてくる。
1970590_669035936493305_1598125879_n

天狗岳を歩く。
1422441_691026040960961_3530256305431558667_n

天狗岳にアタック。
1558589_691026064294292_1139629471241442078_n

アタック。
1977206_669035963159969_130876478_n

大好きな西天狗岳の姿が見える。今日は西までアタックできる。
1975039_669036023159963_2016614074_n

西天狗岳に登頂できました。
1932319_669035986493300_1233722604_n

西天狗岳から下り東天狗岳を望む。
10155141_691026080960957_6383860288328396974_n

昨シーズン登った硫黄岳も今年の1月に登った赤岳も雲のなか。
10003529_669036049826627_828235275_n

天狗の奥庭から下山。強い風で岩も凍る。
1620787_669036389826593_680304097_n

天狗の奥庭からのぞむ天狗岳。雲に包まれる。
1947750_669036403159925_984150314_n

黒百合ヒュッテの薪ストーブで暖まりながらストレッチ。増原さんありがとうございました。次は涸沢で会いましょう。
1898109_669036423159923_1774561095_n

2日目は予報通り雪と風。この日アタック予定だった方たちはみな撤退。またこれますように…。下山は4つのピークを縦走予定でしたが、雪が深くどんどん降ってきたので、登山計画書のエスケープルートにしていたひとつの「高見石-白駒池-高見石-賽の河原-渋の湯」に変更。白駒池。踏み跡のない雪に包まれた湖面をかんじきで歩く。

中山峠から中山へ。ノートレース。
1959672_669036473159918_1183075988_n

森の中にひっそり。うっかり見逃してしまいそうな中山山頂。
1013226_669036533159912_923835742_n

深い雪が積もる。トレースなし。
1622620_669036563159909_995615488_n

中山展望台。モンスターが育ちつつある。
10011454_669036599826572_669648221_n

小動物の足跡。橋谷さん教えてください。
1185440_669037583159807_1285157989_n

枯れ木も美しい。
1622635_669037599826472_1260100974_n

雪が深くワカンで歩く。
10292157_691025920960973_5537564943841482535_n

雪がどんどん積もって輝く。楽しいラッセルが続く。
1947328_669037559826476_1199019301_n

高見石小屋。前日に電話で雪の状態を教えていただきました。ありがとうございました。
1920508_669037636493135_2119642093_n

氷と雪に包まれた白駒池。
1939690_669037656493133_775455463_n

誰もいない静かな白駒池を歩く。
10258071_691025914294307_2445931020443352776_n

ワカンで足跡をつける。
1958331_669037689826463_584708960_n

雪の湖畔を眺めながらお食事。
1924531_669037703159795_1175060389_n

手を広げる小さな枝。
1604397_669038469826385_2072914006_n

白駒池から高見石に戻る。小屋の裏の木々はいつも幹まで真っ白になって眩しいほど輝く。
1794683_669038496493049_1849221470_n

賽の河原の入り口。
1797437_669038403159725_289404475_n

風速20m強のなかを真っ直ぐ進む。
1606900_669038516493047_992981872_n

風を感じながら確実に歩む。
10292134_691025957627636_8166362052364312991_n

繊細に輝く木の枝。
1016346_669038579826374_1319878194_n

温泉の香りがする。最後に雪とたわむれる。
10290620_691026007627631_6204204673621287192_n

渋の湯。無事に下山。
1939790_669038613159704_789211597_n

渋の湯にある小さい神社。下山を報告。見守っていただきありがとうございました。
1229808_669038656493033_499807548_n


静かな静かな時間を共有する幸せ。ありがとうございました。


 


go tanedaprojectsuara at 15:16│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字