2014年04月02日

4月2日。群馬県のみなかみ町にある白毛門(1,720m)をソロで歩いてきました。前回(3/21)は久保さんとご一緒して吹雪になり松ノ頭(1,484m)で撤退するが、日が暮れさらに猛吹雪に…久保さんの「大丈夫です!」の言葉に勇気をもらって無事に下山。今回は天候に恵まれ快調に登頂しあっという間に下山しました。同じ山とは思えない。雪山は天候でこうも変わるのか。気をつけよう。

白毛門。まだ雪はたっぷり。この写真を撮るために、下山時に違う尾根に寄り道(急斜面で戻るのが大変でしたが…)しました。〝谷川岳 一ノ倉沢の岩壁〟おそろしいぐらい静かにそこにたたずんでいました。これを体感したかった。
15092_681345935262305_1497926873_n

白毛門から望む谷川岳。左の沢に天神平へのリフトが見えます。今季の雪山は2度これを登って尾根を山頂にゆるりと歩いただけですが、来季は日本三大急登の一つ、右の西黒尾根からアタックしたいと思っています。夏山でピストンしたことがありますが、なかなか登りがいがありました。ロープワークも必要か…ソロでは厳しいかな。

10152579_683839661679599_6974268693013826510_n

左の沢が「マチガ沢」。その昔、越後からの旅人が水上方面へ旅をしていた時に、道とマチガ沢が交差するところに建っていた三軒の小屋を街と勘違いしたことから、マチガ沢と名が付いたそうです。雪崩により削られた深く厳しい沢です。 
10169441_683914175005481_765305710987053931_n

993028_681345945262304_1251059053_n

10176107_681345971928968_493431169_n

10168093_681345988595633_905130597_n

土合駅のホーム。青春18きっぷで15:31の電車で帰る。これを逃すと次は18:21(最終)まで電車がない。下界は雪解けが進み春の陽気を感じる。
1504039_682045425192356_286973672_n

今回、登りも下りも誰にも会わずひとり旅。静かな山行は心を豊かにしてくれます。

旅の終わり。下山後の移動は山の空気感を失いたくなくて、いつも耳栓をして帰ります。…が、今回はなんとザックを担いで、さとうじゅんこが歌で参加した齋藤徹さんのベーストリオのコンサートへ。ピナ・バウシュのソリストのジャン・サスポータスさんも舞う。山の空気感を失わず楽しめました。
1901220_682306065166292_777458643_n






go tanedaprojectsuara at 00:09│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字