2017年01月05日

12月29〜31日。戸倉から鳩待峠までバスが運行していない尾瀬を、妹と妹の山パートナーの河原さんと歩いてきました。

初日は戸倉から鳩待峠までコースタイムの3倍の7時間半もかかる。尾瀬ヶ原にテントを張る予定が、あまりにも雪が深く鳩待峠に着いた時には真っ暗。3人ともスノーシューでしたが、ワカンだと到着できなかったでしょう。鳩待峠は雪が降り風も強く、100mほど下った舗装道路にテントを張るが、舗装道路とは思えないほどの積雪量でした。夜もずっと雪が降り続く。

2日目もさらに雪が降り続き、どんどん雪は深くなり、鳩待峠から尾瀬ヶ原は最小限の装備にも関わらず、やはりコースタイムの3倍の3時間半もかかりました。厳冬期に夢だった尾瀬ヶ原を歩けましたが、吹雪いていたので、至仏山にはアタックしないでテントに戻りました。

3日目はテント場から終始ラッセルで、6時間もかかり下山。のんびりテント泊の予定は、ラッセルトレーニングになりましたが、年末に静かな山行ができとても幸せでした。山と妹と河原さんに感謝します。

image

戸倉から鳩待峠へ。

image

太陽に向かって…。

image

雪が少しずつ深くなる。

image

奥白根山。

image

暗くなり吹雪いてくる。

image

鳩待峠に着く。

image

晩ご飯はごま豆乳鍋うどん。

image

お餅も焼く。

image

朝目覚めるとテントの前は雪壁。

image

新雪を解かして飲み水をつくる。

image

テント手前でこの積雪量。テント内は3人もいたが-10℃。

image

再び鳩待峠。

image

尾瀬で記念撮影。

image

スノーシューハイク。

image

至仏山は顔を見せず。

image

もうすぐ川も雪に包まれる。

image

やっと山の鼻山荘が見えた。妹と河原さんはここで戻る。

image

残雪期にテントを張った至仏山の裾野。

image

厳しい尾瀬ヶ原。これに触れたかった。晴れていると燧ヶ岳の姿が見える方向。

image

山の鼻山荘。

image

橋や木道の雪庇を踏み外すと危険です。

image

陽が暮れてくる。大好きな空気感。

image

テントに戻る。先に戻っていたふたりの明かりがホッとさせてくれる。

image

2日目の晩ご飯はキムチ鍋うどん。

image

夜は星が無数に輝いていた。

image

さぁ下山。

image

下りもラッセルです。

image

青空と雲。

image

ノートレース。

image

深い…。

image

雪山の華。

image

みなかみ方面との分岐。

image

ここで休憩。

image

もう少し。

image

小さな滝が生まれる。

image

戸倉スキー場。

image

行きよりもさらに水面が凍っていた。

image

カモシカに出逢う。

image

よく歩いてきました。

image

無事、戸倉ゲートに下山。ありがとうごさいました。




go tanedaprojectsuara at 01:05│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字