2016年07月17日

15日。月島の佃島念仏踊りに行きました。5年目です。今年もおじいちゃんの太鼓と音頭を唄う姿に触れられて幸せでした。また、来年も会えますように…。

image

月島駅から歩く。太鼓と口説き歌が微かに聴こえる。

image

また来れました。感謝です。

image

今年も生き証人は元気です!

image

美人三姉妹。左から岡部さん、ゆうちゃん、さとうじゅんこ。ちゃーりーさんをはじめ、たくさんの知人に会えるのも楽しみのひとつです。

image

「ただの盆踊りではなく、念仏踊り」

image

男の背中。

image

21時ちょうどに終わる。踊りやぐらには太鼓だけ。

image

静かな佃島。

踊りやぐらには大太鼓が一つ据えられ、音頭取り一人がこれを叩きながら音頭を唄います。おそらく生き証人のようなおじいちゃんがとうとうと唄う。これが聴きたかったのです。途中、間違えるところもご愛嬌です。ほんとうに素敵でした。2012年の録音ですが聴いてください。
http://suara.jp/go/data/tukudajima_20120715.mp3




go tanedaprojectsuara at 01:05│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字