2015年05月29日

27-28日。雪山の空気感を求めて、北アルプスの涸沢にソロテント泊で、奥穂高岳(3,190m)を歩いてきました。

深夜バスに乗り早朝の上高地へ。初日。緑あふれる上高地をトレッキング。明神池(穂高神社奥宮)で安全登山祈願。本谷橋から雪。12時に涸沢に着いて、テントを張り、雪に包まれたカールに抱かれのんびり過ごす。2日目は4時半から奥穂高岳にアタック。前日、雪の壁に見えたザイデングラードに沿った小豆沢をリズム感よく登り、白出乗越からは大好きな岩場をテンポよく登る。素晴らしい展望に魅せられる。

涸沢は多い時で200張りにもなるテントが、わたしのテントを含めて7張のみ。静かな涸沢カールはとても素敵でした。いい出会いもありました。今度こそ今シーズンの雪山を締めて、体感した身体の静けさを音にしていきたいと思います。

image

早朝の上高地。

image

涸沢。我が家。

image

涸沢にテント張ってのんびりしていたら、13時過ぎに年配の方(お爺さん)が、これから小豆沢を登って穂高岳山荘に行くと…心配でずっとテントで見守っていました。

image

約3時間。小豆沢の最後の急登を越え、白出乗越に立つお爺さんの姿を捉えました。確実に一歩一歩、自身のペースでゆっくり歩む姿。とても感動しました。

image

2日目。小豆沢から望む前穂高岳。いつかはロープワークを学び北尾根をクライミングしてみたいですが、来年はGW明けの空いている時に、雪の重太郎新道で前穂高岳〜奥穂高岳を歩きたいです。

image

小豆沢を登り切った白出乗越から望む奥穂高岳と穂高山荘。

image

山頂にて…。

image

涸沢岳〜北穂高岳〜槍ヶ岳を望む。

image

西穂高岳に続くジャンダルム。

image

下山。昼間の上高地。

image

上高地はニリンソウが満開でした。

image

蝦夷紫(エゾムラサキ) / ツツジ科ツツジ属。

image

雉筵(キジムシロ) / バラ科キジムシロ属。

image

山旗竿(ヤマハタザオ) / アブラナ科ヤマハタザオ属。





go tanedaprojectsuara at 01:05│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字